2015年05月15日

【重要】JFSA省エネ住宅ポイント事業交換商品について告知 JB050

JFSA正会員 及び メーカー会員の皆様

この度、国交省事業「省エネ住宅ポイント事業」のポイント交換商品事業者としてJFSAを申請し薪ストーブとアクセサリをポイントと交換できる取りまとめ事業者になりました。

つきましては、施工について、皆様のご協力をいただきたくご案内申し上げます。

この事業に参入する最大目的は、

「薪ストーブの認知向上」

「JFSA会員(JFSA認定技術者)のアピール及び販促材料」

「安全施工技術と知識を訴えるJFSAアピール」

「森林保全」の啓蒙です。

 

省エネ住宅ポイントホームページhttp://shoenejutaku-points.jp/

 

省エネ住宅ポイント事業概要

エコ住宅を新築される方とエコリフォームをされる方にポイントを発行し、様々なエコ商品等と交換できる事業です。

詳細はこちらをご覧ください。

省エネ住宅ポイントって?http://shoenejutaku-points.jp/user/outline/

 

発行されたポイントと交換できる商品に薪ストーブやアクセサリー等を申請し登録されました。

JFSAが取り扱う商品は34商品です。交換できる商品一覧はこちらをご覧ください。

http://shoenejutaku-points.jp/cgibin/item_search/view?tab=code&bo_code=F057

商品画像一覧は、JFSA平成27年省エネ住宅ポイント交換商品画像一覧をご覧ください。

今回は、急な事案であり、30万ポイントという制限があるため、これらの商品が選定されました。あらかじめご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

ポイント‘交換’期限は平成28年1月15日までです。

 

☆☆☆【重要】☆☆☆

ポイント‘発行申請’期間は11月末日までです。JFSAはポイントを‘発行’する事業者ではありません。ポイント発行についてはJFSAは関知いたしません。省エネ住宅ポイント事務局へお問い合わせください。0570-053-666

また、施工に関する保障、アフタケアについてもJFSAは関知できませんこと予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

薪ストーブ本体のポイント交換申請については、エンドユーザーの安全担保の為、厳しい施工条件をつけました。JFSA認定技術者しか施工できないようになっています。

(JFSA認定技術者の在籍する施工会社にしか卸すことができません)

 

薪ストーブ本体の簡単な流れは、

申請者(エンドユーザー、建築会社等)が省エネ住宅ポイント事務局に申請

JFSA事務局に発注が来ます(JFSAより申請者へ確認の連絡)

JFSAよりメーカー会社に連絡。メーカー会社と取引がある施行会社を申請者に選んでいただく。

施工会社さんは、打合せ、見積もり、契約(=取決め書)、施工、施工完了、アフターケアを通常通り実施してください。この流れは、最初に申請者にJFSAよりご説明します。

契約(取決め書)が成立しましたらJFSAよりメーカーに発注。配送先は請け負った施工会社へ。

施工完了(指定書類あり)をJFSA事務局へ提出

JFSAは省エネ住宅ポイント事務局へ完了報告

JFSAへポイント分入金

JFSAからメーカー会社(ポイントの70%)施工会社(ポイントの25%)を支払う。割合は原則です。JFSAは手数料5%をいただきます。JFSAには、寄附義務が課せられております。

(省エネ住宅ポイント事務局の事務処理時間が長くかかることを予めご了承ください)

 

JFSAと皆様とのやり取りの運用詳細は、JFSA運用規程:国土交通省省エネ住宅ポイント事業20150515をご覧ください。

 

一般向けにJFSAホームページのTOPページに広告をアップします。(近日中)

ご不明点等は、メールにていただけますようお願い申し上げます。

このポイントを上手く利用してくださいましたら幸甚です。

以上、ご理解ご協力賜わります様、宜しくお願い申し上げます。

会員サイトに戻る